2007年05月26日

アトピーのかゆみを抑えるには

アトピーのかゆみを抑える方法として、ステロイド剤があります。

ステロイド剤は、副腎皮質ホルモン剤とも呼ばれ、
アトピーの治療薬として広く知られています。


皮膚科に行けば、ほとんどの場合、このステロイド剤を渡されるはずです。

アトピーのかゆみを抑える効果は抜群。

しかし、副作用が多いのもステロイド剤の特徴です。


ステロイド剤は、その強さによって5段階に分かれています。

詳しくはこちらのサイトに一覧があります。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~c-smile/steroid_001.htm


アトピーの私は長年、ダイアコートというのを使ってまして、
これは、ストロンゲスト=もっとも強いステロイド剤だそうですね。

他にもいろいろ使いましたが、効果があったのはダイアコートだけでした。


これを夜寝る前に塗っておけば、朝起きると炎症やかゆみはきれいに治まっていて、
軽いアトピーなら効果は数日間続きます。

医者から「顔には絶対に塗らないように」といわれました。
それほど強力だということです。


ステロイド剤の副作用はもちろん知っています。
しかし、

その効果の高さに、一度使うとやめられない麻薬のような治療薬とも言えます。


ただ、副作用があるからといって、
弱いステロイド剤を使うのは私はどうかと思います。


アトピーの人なら経験あると思いますが、薬局で売っている弱いステロイド剤が全く効かない。
そういう人は多いはずです。


弱いステロイド剤でも、副作用だけは強力ですから(笑)
そういう意味では、アトピーに効果のあるものを使わないと意味ないですよね。

皮膚科で相談されることをおすすめします。

ところで、ステロイド剤の副作用っていったいどのようなものなんでしょう。

また、ステロイド剤を使わない効果的な治療法とは?


ステロイド剤の副作用>>


posted by アトピー at 00:00| アトピーと貴陽石